献血によって助かる命があると知りながら


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

献血によって助かる命があると知りながら、
今まで私は一度も献血をしたことがありませんでした。
 
 
そんな私が初めて自主的に(先輩の誘いを受け・・)
産まれて30年・・・初めて献血をしました。

 

 

 

そもそもなぜ行かなかったかというと・・
 @400ml(コップ2杯分!)も血を抜くなんて絶対気分が悪くなる。
  倒れたらどうしよう(←これが一番大きい)
 A人が多いと待たされたり手続きが大変だったり御劫だな・・・
という先入観があったからです。けれど案外こういう人は多いんじゃないでしょうか?
そこで@Aの検証を含め少しでも参考になればと思い体験記を書いてみました。

 

 

 

2012/6/16(土) 11:30集合
先輩2人と3人で集合!まずは血を抜いて倒れないようにがっつりと昼飯を食べた。

 

 

昼食後人生初めての献血ルームへ。今回行った献血ルームは池袋の・・・・
『献血ルーム池袋い〜すと』
 
 
http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/rooms/roomhp/room21.html

 

 

というところ・・。
血を抜かれて気分悪くなったら嫌だなぁ〜・・と少し緊張しながらエレベーターに乗り込む・・。
エレベーターで8Fに登り、中に入ると・・・

 

 

全体的にかなり綺麗で清潔感があり、壁の本棚にはマンガや雑誌が揃っていて、
ゆったりとしたソファーが置いてある。さらに飲み物やアイスクリームが無料で食べ放題!
無料のマンガ喫茶のようだ。しかも普通のマンガ喫茶よりゆったりとして高級な感じだ。 
・・・まずは最初の印象としては上々。

 

 

そしてまず最初にドーナツを食べながら、ゆっくりと書類に身長・体重・血液型などの
必要事項を記入する。そこで私の体重を確認されたのだが・・・・

 

 

・・・・・その時点で400mlはアウト!!
 
 
実は400mml献血は体重が50kg以上ないとできないのだが・・・私は身長175cmにして
体重はわずかに49kg・・・というちょっとその辺にいないぐらいのミイラ体型なので
400mlは出来ないのだ。(まあ事前に調べればすぐに分かるのだが・・)

 

 

そこで400ml献血に代わり成分献血をすることになった。
成分献血とは血液の中から必要な成分(血漿や血小板)だけを抜き出し、
体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法のことを言うそうだ。
 (・・ということで@の『400mlも血を抜くなんて絶対気分が悪くなる』については
残念ながらやってないのでどんな感じか分かりません・・参考にならなくてすみません・・m(__)m
ただし成分献血については参考になる人がいるかもしれませんので体験記を続けます。)

 

 

手続きを済ませたあと呼ばれるまで待っているのだが、その間は
マンガが読み放題、飲み物/アイスなど食べ放題なので全然退屈することは無い
・・・むしろ無料で利用できるのでいつでも何回でも献血をしたいぐらいだ!
(※献血の間隔は400mlの場合男性:12週間、女性:16週間開けないと出来ない)

 

 

そして順番が来たらまず血液検査を受け、献血しても大丈夫か確認する。
残念ながらここで献血が出来ないことが分かり返される人もいた・・・

 

 

そして再びマンガを読みながら呼び出しがかかるまで待つ。ついに人生で初めての献血(成分献血)。

 

 

マンガを何冊かベッドまで持って行っていいので、マンガを読みながら献血をする。
成分献血は血液の必要な成分だけを抜いて他は体に戻すので体の負担は小さいのだが
どうしても体が冷えてしまうため、手や足など末端の部分に温かいクッション(?)
のような物を置く・・・
正直最初は抜いた血が循環して冷たくなった血がまた体に戻ってくる感じが先入観もあって
あまり気持ちよくなかった・・。
ただそう思ったのも最初だけで、すぐになれてゆったりとした気持ちで献血することができた。
結局、血を抜く⇒必要な成分を取ってまた体に戻すのサイクルを4回ほど繰り返して終了。
普通の献血と違い1時間近くかかってしまうのは少々難点だ。

 

 

ベッドから起き上がり歩いても、気分が悪い感じも貧血の感じも全く無し。
成分献血はほとんど体に負担をかけないと実感することができた。

 

 

最後に献血が終わった後、献血ちゃんグッズをもらうことができた。

 

 

まとめ
 
 
@400mlも血を抜くなんて絶対気分が悪くなる、倒れたらどうしよう
  ⇒体型的な問題で400ml献血は出来ませんでした・・悪しからず・・
   成分献血については1時間程度かかるのが難点ですが、
        体の負担は全く感じませんでした。
 
 
A人が多いと待たされたり手続きが大変だったり御劫
 ⇒確かに手続きなどは必要ですが、お菓子を食べたりしながら
      ゆったりとした雰囲気なので時間がある時なら億劫な感じは
      全くありませんでした。

 

 

感想
 
 
今まで先入観から献血をしてこなかったのですが、実際にしてみると
想像以上に快適なぜもっと早くしなかったのだろうと思うほどでした。
人助けになり、しかも無料でゆったりとした空間でくつろぐ事ができる
献血をこれから何度も利用したいと思います。
 
 
みなさんもぜひ利用してはいかがでしょうか?
 

 

参考データ(今回献血をした『池袋い〜すと』)
場所
豊島区東池袋1-1-4 タカセセントラルビル8階
(JR池袋駅東口前)

 

 

電話
03-3988-9000
受付時間
【成分献血】
10:00〜11:30/13:30〜17:00
【400・200mL】
10:00〜12:15/13:30〜17:45
URL:http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/rooms/roomhp/room21.html

 

 

執筆:コロスケ


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

TOPへ